スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> グッズ >> スノボウェアの選び方

スノボウェアの選び方・基礎知識

スノボウエア

スノボウェアの選び方のコツは、機能と値段のバランスを理解することです。同じようなデザインなのに、値段が全く違ったりする場合、何が異なるのか。それを理解すれば、スノボウェアの選び方は難しくありません。

そのほかのポイントとしては、色やデザイン、サイズ感、値段の相場、スキーウェアとの違い、といったあたりです。

ここでは、初心者から中級者レベルの人に向けて、スキーウェアの選び方をご案内します。

スノボウェアとは何か

最初に、「スノボウェア」とは何を指すのか、について書いておきましょう。スノボをするときには、アンダーウェア(下着)の上にミドルレイヤーを着て、その上にスノボウェアを着ます。

つまり、スノボをする際のアウターが「スノボウェア」です。アンダーウェアやミドルレイヤーについては、このページでは紹介しません。

スノボウェアの基本的な機能には、大きく分けて、防水性と透湿性、防風性、保温性があります。水を防いで、湿気を通す、風は通さず、暖かい、ということです。


スノボウェア

スノボウェアの防水性

スノーボードを滑るとウェアに雪が付くのは避けられません。スノボでは雪の上に座ることが多いこともあり、スノボウェアには厳しい防水性が求められます。

防水性とは、生地の表面に水滴が乗った状態で、上から抑えたとしても(圧をかけても)、水が浸入してこないことを指します。水圧をかけても水が浸入しない生地を「防水性能がある」といいます。

防水性能は、「耐水圧」で示されます。耐水圧とは1平方センチあたりに、どの程度の水圧がかかっても水が染みこまないかを示す数値です。傘の耐水圧が250mm程度、体重75kgの人が濡れた場所に座った時の圧力が約2,000mm、濡れた場所へ膝をついている時の圧力が約11,000mm程度といわれています。

スノボは雪という濡れた場所で行うスポーツなので、最低限10,000mm程度の耐水圧は必要です。スノボにおいて防水性は非常に重要なので「耐水圧10,000mm」という基準を割るウェアは着るべきではありません。ゲレンデ外滑走をするのなら、最低でも20,000mm以上が必要と言われています。

この数値は、新品の耐水圧ですので、クリーニングや使用時の摩擦によって機能は低下します。使用時には考慮に入れておきましょう。

スノボウェアの透湿性

生地に防水性能を持たすには、防水加工をします。防水加工には「不通気性加工」と「通気性加工」とがあります。不通気性加工は一般的な防水処理で、水も空気を通しません。

しかし、水も空気も通さないと、着用していると汗でウェア内が蒸れてくることがあります。この欠点をなくしたのが「通気性加工」です。通気性加工の代表格はゴアテックス(GORE-TEX)で、水は通しにくいのに空気は通しやすいので、ウェアの中が蒸れにくくなっています。こうした素材を「透湿性素材」といいます。

透湿性」は、「mg/m2/24h」という単位で示されます。生地1平方メートルあたり、24時間で何gの水分を透過させるか(外に出すか)という基準です。衣服内の蒸気状態の汗を、どのくらい生地が透過させるか(外に出すか)が、この数字でわかります。

例えば、透湿性10,000であれば、1日(24h)で1平方メートルあたり10,000g(20kg)の水蒸気の汗を透過する(外に出す)能力があります。

一般的な発汗量の目安は、1時間あたり安静時で約50g、軽い運動で約500g、激しい運動で約1,000gと言われています。これを24倍したのが透湿性ですので、透湿性の理想は、激しい運動でも十分な水蒸気を排出する24,000以上となります。そこまでいかなくても、20,000あれば激しい運動をしても蒸れを気にすることはないでしょう。

しかし、実際のところ、安価なスノボウェアは、透湿性が1,000~2,000くらいのものも少なくありません。そういう素材のスノボウェアは「透湿性」の数値を表示していないことが多いです。

ゲレンデでスノボをする程度なら、汗はかきますが、汗まみれになるほどではありません。ですので、少々蒸れるのを我慢できるなら、透湿性が低くても大きな問題はないでしょう。標準価格帯のウェアなら透湿性4,000~8,000くらいですが、このくらいで十分です。ゴアテックスを使った上級モデルなら、透湿性20,000以上の商品もありますが、ややオーバースペックです。

参考までに、有名な透湿性素材の数値を挙げておきますと、GORE-TEX(ゴアテックス)が45,000、フェニックスが使用している東レのDerzamixが20,000、モンベルのドライテックが15,000などとなっています。透湿性素材でも数字を明らかにしてないものもありますが、透湿性の高機能素材は、おおむね10,000は超えているようです。

透湿性素材は高価なので、透湿性の高いスノボウェアは値段も高くなります。防水性は妥協すべきではありませんが、透湿性は予算と相談して妥協する、というのがスノボウェアの選び方のコツです。


エクスニクス スノーボードウェア

スノボウェアの撥水性と保温性

防水性、透湿性と似た言葉に「撥水性」があります。撥水性は、文字通り素材表面で水をはじく性能です。撥水性は水を「はじく」だけですので、高い水圧がかかった場合に、水の侵入を「防ぐ」性能はありません。防水スプレーなどをかけると、撥水性が得られますが、その程度です。スノボ選びのときには、それほど気にしないでいいでしょう。

スノボウェアでは保温性能も大事です。スノボウェアの保温性能は、外側素材のほか、中綿や裏地によって決まります。ただ、スノボウェアの保温性能を明確に示す数字はありません。

どのスノボウェアも、保温性能のPRしていますが、それがどの程度の水準なのかは、正直なところ、着てみなければわかりません。

保温性が高い素材としては羽毛があります。ただ、羽毛は春スキーでは暖かすぎますし、温度調整がしにくいという欠点もあります。そのため、ゲレンデスノボではあまりおすすめはしません。

最後に防風性能にも触れておきますが、ほとんどのスノボウェアは首回りまでしっかり風を防ぐようにできているので、とくに気にしなくていいでしょう。

スノボウェアとスキーウェアの違い

スノボウェアとスキーウェアには作りに多少の違いがあります。最大の違いはスキーウェアには、パンツの足元に「エッジガード」がついていることです。これは、パンツがスキーのエッジで裾がほつれないようする役割があります。

スノボウェアにはエッジガードが付いていません。スノボウェアとスキーウェアを見分けるのに、もっともわかりやすいポイントです。

そのほか機能的には、スキーウェアに比べてスノボウェアは耐水圧の高い素材を使っていることが多いです。これはスノボは雪に座ることが多いためです。

また、スノボは転倒しやすいので、ジャケット裾の「パウダーガード」がしっかりしていて、転倒しても雪がウェア内に入りにくい仕様になっています。

全体の作りに関しては、スノボウェアのほうがゆったりしていて、スキーウェアのほうがタイトです。これは、滑っているときに、スノボはゆったりしたシルエットのほうが格好良く見えるからです。スキーはタイトなほうが美しく見えます。

結論を言うと、エッジガードやパウダーガード以外に機能的に大きな違いはないので、スノボウェアでスキーをすることも可能ですし、スキーウェアでスノボをすることもできなくはありません。

スノボウェアの色の選び方

スノボウェアの選び方で、現実的にいちばん悩むのが「色」ではないでしょうか。ショップに行くと、パステルカラーのウェアが多く、「こんな派手なの着ていいのかしら」と頭を抱える人もいるようです。

ただ、スノボに限らず、スノーウェアは、普段着の感覚で選ぶべきではありません。というのは、白一色のゲレンデ世界では、街中と違う色感覚になるからです。

一言でいえば、「スノーウェアは派手なものを着るべし」に尽きます。純白のスキー場では、そのくらいの色のほうが映えます。おすすめは、赤、オレンジ、黄色といった暖色系です。逆に、青や黒といった寒色系は、やや地味に見えます。

安全面からみても、寒色系は、視認性が悪くなります。万一の遭難などが起きたときに、捜索がしにくいので、その点でも派手な色のウェア(エマージェンシーカラー)のほうがいいでしょう。


ボルコムスノボウェア

スノボウェアのサイズ感

スノボウェアのサイズの選び方は、普段着と同じでいいでしょう。普段の洋服を「Lサイズ」で着ているなら、スノボウェアもLサイズで大丈夫です。

アンダーウェアをもこもこに着るならワンサイズ上でもいい、という人もいますが、丈の長さなどが合わなくなるので、あまりおすすめしません。

迷ったら、やや大きめを選ぶべきです。スノボは身体を大きく動かすスポーツなので、サイズが小さいと関節回りが突っ張って動きにくくなるからです。

とくに、パンツのサイズは要注意です。足にブーツを履くので、それとマッチする長さにしないといけません。裾が短いと寸足らずになり、雪が入り込んできます。試着したとき、少し長いかな、というくらいでちょうどいいでしょう。裾が地面に触れるか触れないかくらいのサイズ感が適切です。

スノボウェアは、ジャケットとパンツが上下別々で販売されていることが多いですが、これは、上下でサイズ感が異なる人が多いためです。

スノボウェアの細かい機能

スノボウェアを買うときは、細かい機能にも目配りをしたほうがいいでしょう。なかでも大事なのはポケットの位置と数です。

とくに、ファスナーが付いているポケットがどれだけ、どこにあるかもきちんと確認しましょう。

すべてのポケットがファスナー付きでなくてもいいですが、最低限、内ポケット1つ、外ポケットに2つくらいはファスナーが必要です。ファスナーがないと、財布など大事なものを収納できません。

また、リフト券を収納するIDパスケースが付いていると、リフト券をどこに入れるかで困りません。スマホを入れるモバイル対応ポケットや、ゴーグル用ポケットもあると便利です。

フードはヘルメット対応になっていると、メット着用時にも活用できます。手首回りがしっかり締めやすくなっているかもポイントです。安いウェアは、手首がゴムになっているものもありますが、ゴムだと手袋との間に隙間ができやすく、寒いです。

スノボウェアのブランド

スノボウェアのメーカーは、バートンヴォルコムクイックシルバーREWあたりが代表的です。これらのブランドならどこでも大きな間違いはなく、商品も多彩で選びやすいでしょう。

スノボウェアのジャケットとパンツが上下セットで販売されているものを「スーツ」や「セットアップ」と表現することもあります。「スーツ」も「セットアップ」も「上下セット」も意味は同じです。「スーツ」だからといって、上下同じ色とは限りません。

スーツのほうが、お手頃な価格のものが多いです。高機能製品は上下セパレートで販売されているのが一般的で、別々に買うので値段はやや高くなります。


BURTON Maui Sunset

スノボウェアの値段の違い

スノボウェアの値段には幅があります。ホームセンターなどの一般量販店や、Amazonといった通販では、上下セットのスーツで5,000円くらいのものもあります。一方、スノボ専門店に行くと、そこまで安いウェアは置いてなく、逆にジャケットだけで50,000円くらいする高機能品を販売していたりします。

スノボウェアの値段の違いは、防水性能、透湿性能、保温性能、ストレッチング性能のほか、縫製やポケットの数などの細かい作りによります。「安くても高くても大差ない」ということはなく、5,000円のスーツと50,000円のジャケットには明確な差があります。しかし、値段差ほどの価値の違いがあるかは、個人の価値観によるでしょう。

全くの独断ですが、初めてスノボウェアを買うのなら、市販価格で20,000~30,000円くらいの上下セットのブランド品を買うのが、間違いが少ないです。

このくらいの値段のブランド品なら、基本的な性能は満たしていて、本州のゲレンデを滑る限り寒さに震える可能性は少ないです。北海道に行く場合もインナーやミドルレイヤーを工夫すれば大丈夫です。

上下セットで10,000円以下のものでも、防風・防水性能など、最低限の機能は満たしていると思いますので、本州のゲレンデで使う分には問題ないでしょう。ただし、安いスノボウェアは保温性能が弱いことがありますので、厳冬期や極寒地で使う場合は、インナーを厚めに着るなど気をつけた方がいいでしょう。

たとえ上下5,000円のスノボウェアでも、レンタル品よりは自分のウェアのほうが気分がいいものです。スノボ板はレンタルで済ませてもいいと思いますが、スノボウェアに関しては、安くてもいいので、自分のものを買って滑りに行くことをおすすめします。

Amazonや楽天では、マイナーブランドの低価格品がたくさん出ているので、最初はそれで試してみて、次からはブランド品を買うという考え方でもアリだと思います。

スノボウェア(Amazon)
スノーボードウェア(楽天)
スノーボードウェア(Yahoo!)

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP