スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 北海道 >> トマム

トマムスキー場の口コミ・評判・感想

■星野リゾートトマム(北海道勇払郡占冠村)

バブルの香りを残す壮大なリゾート」。それがトマムの印象でしょうか。北海道の中央部、内陸に位置するこのスキーリゾートは1983年に「アルファリゾート・トマム」として開業しました。バブル期に設備投資を拡大して、無人地帯だった山林にタワーがそびえる一大リゾートに成長しています。

しかし、1990年代後半から2000年代前半にかけて開発に参加した企業があいついで破綻。やや複雑な経緯を経て、2005年から星野リゾートが一括して運営を開始、2011年にアルファリゾート・トマムから、星野リゾートトマムに名称を変更しました。

総面積255haに広がるゲレンデはとにかく壮大。内陸部に位置するだけあって気温は低く、ときにはマイナス30度近くになります。十分なパウダースノーにも恵まれています。JRの駅がリゾート内に存在し、新千歳空港から1時間あまりで着くことができます。高速道路の開業によって、バスでのアクセスも劇的に改善し、新千歳空港から2時間ほどになりました。このアクセスビリティは、北海道の主要リゾートでは随一です。もちろん施設も充実した一大リゾートとして知られています。

トマムスキー場の口コミ・評判・感想まとめ

  • シーズンの晴天率が高く、70%もある。
  • 風雪でリフトが止まることがほとんどない。安定さは魅力。
  • とにかく寒い。きんとしている。
  • ゲレンデは初心者と上級者向けが充実。中級者は滑るところがあんまりない。
  • 山麓の緩斜面が平らすぎで、しかも長い。ボーダーには地獄。
  • リゾートは壮大、ゲレンデは今ひとつ。
  • リフト・ゴンドラが少ない。
  • フード付きリフトが少ないが、この寒さでフードなしのリフトは死ねる。
  • バブルの夢を見に行くスキー場。
  • 星野リゾートになってから、運営は改善した。
  • ホテルのチェックインが大行列。リフト券買うのも行列。連休や年末年始は悲惨。
  • リフォームは毎年少しずつ進めているらしい。
  • 休むところが少ない。山頂にカフェくらいあれば…。
  • フォレストモールの食事処はバリエ豊富。
  • 日帰りでは着替えるところが少ない。日帰り客は相手にしていない印象。
  • アクセスは抜群。東京から最も近い北海道リゾート。

トマムスキー場のゲレンデ概要

総面積:255ha
コース数:11
最大標高/最低標高:1239m/540m
標高差:699m
最長滑走距離:4500m
最大斜度:35度
リフト・ゴンドラ数:11本
レベル割合:初級27%、中級40%、上級33%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

トマムスキー場の口コミ・評判・感想

高い晴天率、低い気温、荒れにくい天気。他の北海道のスキー場にないものを備えているゲレンデ」。トマムのファンが指摘するのはその天候です。トマムの晴天率は公称70%。3日いれば2日は晴れる計算で、冬の北海道では傑出した数字です。そのぶん積雪量は少ないですが、2015年11月に一部コースで人工降雪機を導入。低い気温もあって溶けにくく、雪不足を訴えることはあまりありません。ときにマイナス30度近くまで下がることもあり、ダイヤモンドダストを見られることもあるそうです。

ただ、残念ながらトマムは北海道の大規模スキー場としては、それほど人気がありません。その理由はゲレンデにあり、「正直いって退屈。一度滑れば十分」という声に集約されるでしょう。総面積はたしかに広いのですが、スキー場のコース取りが巧くなく、とくに山麓の長い緩斜面が不評です。練習する初心者にはいいようですが、直滑降でしか下れないような斜度の緩さで、「ボーダーは先に進めなくて困る」という声は多いです。レベル割合を見ると中級が40%となっていますが、「中級コースでも難易度が本当の中級向けなのは一部」という感想もありました。「エキスパート向けと初心者向けのコースがほとんどで、その中間があまりない」という指摘もみられます。

リフトの架け替えは少しずつ行われていて、いくつかのペアリフトが高速クワッドになっています。いっぽうで廃止されたリフトもあり、全体的には面積に比べてリフトは少なめ。中上級者はクワッドとゴンドラで回すのが基本ですが、それだと「滑走距離の半分が超緩斜面」になってしまいます。

いっぽう、上級者にはなかなか評価が高いです。その理由は「上級限定解放エリア」の存在です。ヘルメット着用、保険の加入など一定の条件を満たし、合意書にサインした上で、ヘルメットとビブを着用すれば、スキー場のコース外を滑ることができます(禁止エリア除く)。ゲレンデの上級者コースは少ないですが質が高く、「雪質がよくコブが滑りやすい」とのことです。

ということで、中級者にはちょっと退屈、というのがトマムスキー場の代表的な評価です。スキーヤー・スノーボーダーには中級が多いので、「トマムのゲレンデはちょっと残念。一度行けば十分」という声になってしまうようです。

それでも、トマムの人気は最近は上昇気味。その理由は星野リゾートの運営に対する期待でしょう。「年々ホテルをリニューアルしていて、全体が星野リゾートのクオリティになればまた訪れたい」と待ち望む声も聞かれます。もともと、トマムは施設がとても充実しているリゾートです。「プール、スノーアクティビティなどの充実度には驚いた」という声もあるほどです。

客室リニューアルは徐々に進んでいて、かなり質が高くなってきた様子。なかでも人気は、「星野リゾート リゾナーレ トマム」。全室がジャグジー付きのスイートで知られたかつての「ガレリア・タワースイートホテル」です。現在はファミリー向けになっていますので、「子連れで訪れるには広くて素敵」とのことです。ここに限らず、「全体にファミリー向けのリゾートに転換している」というのが最近の傾向のようです。

ただし、多くの人が宿泊する「ザ・タワー」は客数に対してロビーやフロントなどの設備が貧弱で、チェックイン、アウト時には大混雑します。ロビーは人でごった返し、「チェックインまで立ったまま30分も行列させられた」「リフト券売り場の窓口が一つしかなく、15分も並んだ」という経験談もあり。「1泊4万円もするホテルで、30分も立たされるとは」と呆れる声もあります。格安ツアーならいいですが、混雑期に高値で泊まるのは避けたほうがいいかもしれません。

トマムスキー場周辺の宿泊施設リスト

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

ゲレ食は改善してきました。ゲレンデサイドの店は乏しいですが、シーズン中のフォレストモールでは、期間限定でたくさんのレストランが営業しています。回転寿司、ラーメン、居酒屋などがバリエーション豊富です。

とはいえ、バブルの残滓があちこちに見られるのもトマム。閉鎖されたホテル、使われていないコンドミニアムなどが、雪に隠れるように存在しています。「家に帰ってから、経緯を調べたくなるような雰囲気が残っている」とちょっと変な興味もかき立てられます。星野リゾートに運営が変わってからずいぶん経ちますが、あまりにも広大すぎて、「全てが星野リゾートの質になるのはまだ先」という意見には納得させられます。

もともと、国鉄が開発に関わったリゾートのため、鉄道アクセスは良好。スキーリゾート内に鉄道駅があるのは北海道ではトマムだけです。新千歳空港駅から直通列車はありませんが、一駅隣の南千歳で乗り換えてトマムに行くことができます。実質的な所要時間は、鉄道で新千歳空港からトマムまで1時間15分ほど。バスで2時間ほどです。

トマムスキー場のまとめ

北海道のスキーリゾートの光と影を体現するスキー場。それがトマムなのかもしれません。星野リゾートになり、運営も安定してきており、客室のリニューアルも進んできました。

ゲレンデのバリエーションは今ひとつですが、低い気温と晴天率の高さは魅力。人工降雪機も導入されて、シーズン初め、終わりの雪不足の心配も少なくなりました。なにより、新千歳からのアクセスが良いので、東京・大阪から2泊程度のツアーなら選んでみたいスキーリゾートです。2泊でニセコは時間的に厳しくなりやすいですが、トマムなら余裕があります。

また、北海道のスキー場では珍しく超緩斜面が充実しているスキー場です。子供向けの施設も充実していますので、ファミリーで本州から来る場合には、いい選択肢になるでしょう。これからはファミリーをメインターゲットにしたゲレンデになりそうです。

イベントや雪遊びも豊富です。スキーだけを楽しむのでなく、冬の北海道リゾートをいろんな側面で楽しむには、とても向いている場所かもしれません。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP