スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 上信越 >> ロッテアライ

ロッテアライリゾートスキー場の口コミ・評判・感想

■ロッテアライリゾート(長野県妙高市)

妙高エリアの最北部、大毛無山に開かれたスキー場。バブル期に建設された巨大リゾートとして知られ、広大な面積と長いコース、豊富な非圧雪ゾーンを擁します。

開業は1993年。当初は「ARAI MOUNTAIN&SKI RESORT」という名称でした。開発したのは、第3セクター・株式会社新井リゾートで、ソニー創業者長男が運営に関わりました。しかし、バブル崩壊後のスキー人口減少で苦戦。2004年に新井リゾートマネジメントが運営を引き継いだ後、2006年に破綻し、スキー場は閉鎖されました。

スキー場は公売にかけられ、韓国のホテルロッテの子会社、株式会社ホテルアンドリゾート上越妙高が購入。2017年12月に「ロッテアライリゾート」としてリニューアルオープンしました。そのため、現在は韓国系のスノーリゾートとなっています。

アクセスは上信越道新井スマートICから約8km、北陸新幹線上越妙高駅からバスで約30分です。

ロッテアライリゾートスキー場の口コミ・評判・感想まとめ

2018年シーズン営業開始のため、口コミは収集中です。

ロッテアライリゾートスキー場のゲレンデ概要

総面積:157ha
コース数:11
最大標高/最低標高:1280m/329m
標高差:951m
最長滑走距離:5200m
最大斜度:38度
リフト・ゴンドラ数:5本
レベル割合:初級25%、中級45%、上級30%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

ロッテアライリゾートスキー場の口コミ・評判・感想

バブルの夢をのせた壮大なスノーリゾート」。ロッテアライリゾートを一言で表現すると、こうなるでしょうか。日本のスキーバブルを象徴したような豪華施設を擁する高品質な巨大スキー場。それが開設からわずか13年で閉鎖に追い込まれたときには、惜しむ声が相次ぎました。複雑な経緯を経て韓国ロッテが買収し、11年ぶりの復活が決まったときには大きな話題にもなっています。

日本屈指の豪雪地帯として知られる妙高エリアに、最長滑走距離5200mというロングコースを擁します。ただ、アライリゾートで特筆すべきなのは、コースの長さではなく、オフピステゾーンでしょう。豊富な積雪量に裏付けされたオフピステゾーンは、10エリアが設定されており、条件をクリアされれば滑走可能です。

条件が整えば、極上のパウダーゾーンを楽しめますので、深雪好きの上級者にはたまらないスノボ/スキー場と言っていいでしょう。

一方、初級者向けのコースは乏しいです。「妙高ロングラン上部」というロングコースがありますが、途中からはいわゆる林道コースです。斜度が緩すぎて、とくにスノーボーダーにはつらいでしょう。

全体的に初級レベルが滑れる場所は限られるので、わざわざ初級者が選んで訪れるスキー場ではありません。ただし、山麓にある平易なコースは、まったくの初心者が練習するにはいいでしょう。

ゲレンデは上下に大きく分かれていて、中腹は上級者向けがメインです。ゴンドラだけで回すには、林道コースか、非圧雪の上級コース「レジェンダリー」を滑らなければならず、中級レベル以下には使いにくいでしょう。

中級者向けコースとしては、上部ゲレンデの「ビーフリー」が人気です。ワイドで気持ちのいい圧雪コースです。

復活後のアライは「プレミアムリゾート」を謳っており、全体的に物価は高めです。リフト1日券は日本最高レベルの金額ですので、できるだけ割引やパック商品を活用しましょう。

アクセスは上信越道新井スマートインターから8km、約12分と、利便性は高いです。ベースの標高は低いので、山道をくねくね走る必要もありません。駐車場も広く無料です。

新幹線利用の場合は、北陸新幹線上越妙高駅からバスで30分。無料送迎バスがあります。東京から上越妙高までは「はくたか」で2時間余りで、日帰りもギリギリ可能です。

ロッテアライリゾートスキー場のまとめ

パウダー好きにはたまらない、高品質スノーリゾート。それがロッテアライリゾートです。世界的ホテルチェーンの韓国ロッテが保有していることもあり、外国人に人気のパウダーゾーンが豊富に維持されています。全体的には上級者向けのスキー場といえるでしょう。

豪雪地帯なので、積雪量も豊富。ただ、日本海に近いため、湿雪が多いです。また、晴天率は比較的低いエリアです。過去のデータでは3~4割程度なので、頭に入れておきましょう。

旧アライリゾート時代と違い、北陸新幹線上越妙高駅と、上信越道の新井スマートインターチェンジができたので、アクセスはラクになりました。新幹線を使えば、東京から日帰りすら可能です。

とにかくリフト券が高いので、その点だけは注意してください。それでも、世界的水準では、まだ安いです。国際的リゾートを目指しているので、リフト券も世界水準、と考えておけばいいでしょう。そのかわり駐車場は無料です。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP