スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 中央道 >> ブランシュたかやま

ブランシュたかやまスキーリゾートの口コミ・評判・感想

■ブランシュたかやまスキーリゾート(長野県小県郡長和町)

蓼科のビーナスライン・エリアの最北に位置するスキー場がブランシュたかやまスキー場。総面積42haという中規模スキー場です。現在までスキー専用を貫いていて、スノーボードは滑走は禁止。これだけの規模でスノーボード滑走を禁止しているスキー場は珍しく、スキーヤーから高い支持を集めています。晴天率83%という抜群の気象条件も売り物です。

開設は1985年。運営は株式会社長和町振興公社という公的企業が担っています。地元の公的主導型開発のスキー場といえます。

アクセスは中央道諏訪インターより30km、約40分、JR中央本線茅野駅からはバスで約50分。中央道エリアに位置しますが、やや上信越道にも近い立地になっています。

ブランシュたかやまスキー場の口コミ・評判・感想まとめ

  • スキーヤーのみなので、落ち着いて滑れる。
  • 小さい子供が多く、家族連れには良い環境。
  • 固めのバーンが多いが、雪質もよい。斜面も北向き。
  • リフト配置や長さが丁度良く、リフトに乗っている時間と滑っている時間のバランスが良い。
  • 「モミの木樹林コース」は林間コース。それほど狭くなく、適度な斜面もある。少し滑れるようになった人向け。
  • 中級コースは斜面も広くて空いている。
  • モーグルコースもあるが、斜度は少ない。モーグル初心者にはいいかも。
  • 初級者、中級者にはとても楽しいコース。初級者でも山頂から滑る事ができる。
  • キッズパークが充実。エリアではナンバー1だと思う。
  • 「なんちゃってクロス」は子どもでも大人でも楽しめる。でも、初心者には無理。
  • 一番下のリフトは混んでいる。上のほうはガラガラ。
  • ペアリフトは係員が押さえてくれるので、乗りやすい。
  • スタッフの対応が良い。
  • レストランの食事がリーズナブルで、どこで食べても基本おいしい。
  • レストラン「バウム」の下は無料休憩所。24時間使えて床暖房で快適。
  • レストラン「バウム」のカレーは本格的でおいしい。
  • 食事処は「ふるさと」が一番空いている。味はいいが、ややお高め。畳部屋にコタツがあるので居着いてしまいそう。
  • 各施設がきれいで、分煙も完璧。
  • 毎月第3日曜日は「スキー子供の日」。小学生以下のこどものリフト券が無料。
  • 初心者以外は第2駐車場に停めてすべるほうが良い。
  • 第2駐車場は結構急坂を登る。雪道が不安なら第1駐車場の方が良い。
  • 帰りに諏訪インターを使うと、高速までの渋滞が激しい。岡谷インター経由のほうが早く帰れる。
  • 無料休憩場で仮眠が取れるのは素晴らしいが、満員のときもある。早く行くのが吉。
  • 双葉PAにリフト割引券がある。

ブランシュたかやまスキー場のゲレンデ概要

総面積:42ha
コース数:8
最大標高/最低標高:1800m/1350m
標高差:450m
最長滑走距離:3700m
最大斜度:30度
リフト・ゴンドラ数:6本
レベル割合:初級20%、中級50%、上級30%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

ブランシュたかやまスキー場の口コミ・評判・感想

子連れファミリーが大絶賛のスキー専用ゲレンデ」。ブランシュたかやまスキーリゾートを一言で表現するとこうなるでしょうか。スノーボーダーの座り込みや衝突を気にせずに滑ることができ、安心安全。さらにはキッズパークが大充実で、子どもの技量に応じて楽しめる配慮がされています。

コースは、ゲレンデ下部に広大な緩斜面「キッズファンコース」があります。ここにはエリア最大級のキッズパークがあり、チュービング、ソリコースなど子ども向けのアイテムが豊富。また、ロマンティックコース下部には「なんちゃってクロス」があり、ウェーブ、ウォッシュボード、スラローム、バンクと楽しいアイテムが続きます。「子どもはもちろん、大人でも十分楽しめるレベル」と絶賛する口コミは多数寄せられています。大人向けのボードパークなどはありません。

上部コースは中上級向け。標高1800mのトップから、4本のクルージングラインを揃えています。上級コースでもそれほど難易度は高くなく、「中級と上級の間くらいの人が、コブにチャレンジするのにちょうどいい斜面」という感想もありました。

中級のメインコースといえる「ジャイアントコース」については「コース幅が広く、人も少ないので滑りやすい」という口コミが。全体的に子ども連れが多いため、ゲレンデ下部の「キッズファンコース」のリフトは混雑する一方、上部ゲレンデはリフトの輸送力が豊富なので、「リフト待ちはほとんどない」とのことです。

混雑に関しては、「このエリアにしては空いている」「空いているので子どもが安心してターンできる」といった口コミが多いです。全体的に空いているという情報が多いので、3連休などを除けばそれほど混雑の心配はなさそうです。

ベースは第1駐車場と第2駐車場の2カ所にあります。第1駐車場脇には「フランクハウス」第2駐車場脇には、「レストハウスバウム」という無料休憩所があり、「バウム」は24時間利用可能です。バウムの休憩所には「子様連れ専用休憩スペース」もあり、ファミリーでも気がねなく利用できます。託児所も完備されていて、「全体的にファミリーへの配慮が行き届いている」スキー場と言えそうです。

中上級者ゲレンデに近いのは第2駐車場です。第2駐車場に停めると、混雑する「第1ロマンスリフト」を利用しないで滑れますので、「中級以上は第2駐車場に停めた方がいい」というアドバイスは多いです。

ゲレ食は豊富。レストハウス「バウム」のフードコートが席数が多く座りやすく、価格もリーズナブル。なかでも「ラ・ポルト」のロコモコ丼が最近の人気です。定番は「湖北」の「豚の角煮定食」でしょうか。混雑時は信州そば和食処「ふるさと」も人気。こたつが好評です。

アクセスは諏訪インターが最寄りですが、「帰りはインターまでの道が渋滞する」ことも多いようです。そのため「岡谷インターのほうが渋滞がなく、結果的に早く帰れる」という口コミ情報も。首都圏に向かう場合は、岡谷経由は大回りになりますが、「新和田トンネルを経由すれば、道がよくて運転しやすい」とのことです。

白樺湖を経由するルートだと「大門峠でスタッドレスでも登れないクルマを良くみかける。チェーンを持参した方がいい」との情報も寄せられています。基本的には大回りでも新和田トンネル経由がおすすめです。

鉄道のアクセスは特急「あずさ」で茅野駅下車、そこからバスで50分です。ただ、鉄道アクセスの利便性は高いとはいえませんので、基本的にはクルマかバスで訪れるスキー場といえます。

ブランシュたかやまスキー場のまとめ

スノボ滑走禁止、スキーヤーオンリーの中規模ゲレンデは、もはや日本全国を見渡しても数えるほどしかありません。そういう意味では、ブランシュたかやまスキーリゾートは貴重なスキー場といえます。

とくに子連れファミリーには「スノーボード禁止ゲレンデ」の人気は高く、そのため、ブランシュたかやまスキー場もファミリーをターゲットにしたゲレンデ造りをしています。キッズパークの充実は代表的ですが、リフトでの係員の補助や、分煙の徹底など、細かい点まで子連れファミリーへの配慮は行き届いているといえるでしょう。

コースは中級者までは満足できる作り。上級者向けのハードな斜面はほとんどありません。ターゲットのはっきりしたスキー場なので、利用者も使いやすいと言えるでしょう。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP