スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

恐羅漢スノーパークの口コミ・評判・感想

■恐羅漢(広島県山県郡安芸太田町)

恐羅漢スノーリゾートは、広島県最高峰・恐羅漢山の東斜面に開かれたスノボ/スキー場です。名称は「おそらかん」と読みます。

スキー場の最高標高は1280mで、中国地方では最も高い位置にあります。高い標高ならではの「天然雪」(自然降雪)が売り物で、人口降雪機に頼らないという、中国地方では珍しいスキー場です。このエリアでは貴重なパウダースノーを求めて、中国、九州各地からスキーヤー、スノーボーダーが集まります。

開設は1967年。長らく恐羅漢スキー場と国設恐羅漢山スキー場に分かれ、運営も別会社でした。2011年に新会社「株式会社恐羅漢」に統合され、恐羅漢スノーパークとして営業を開始しました。

アクセスは中国自動車道戸河内インターから33km、45分です。

恐羅漢スノーパークの口コミ・評判・感想まとめ

  • 積雪量も多く、雪質もいい。
  • 適度に急な斜面で、コースはよく整備されていて滑りやすい。
  • 自然雪で幅広いコース。バリエーションも豊富。
  • 広島最高峰の山頂から一気に滑り降りるコースが爽快。
  • 山麓には幅広の緩斜面があり、初心者の練習向き。
  • コースが長く、多いので、1日楽しめるスキー場。
  • 頂上付近の上級者コースは、西日本随一の滑りごたえ。
  • キッズパークがしっかりしていて、雪遊びがたのしめる。
  • ゴンドラもクワッドがなく、リフトが遅い。
  • 施設や建物はややレトロ。
  • スキースクールの質が高い。
  • 内黒峠経由のアクセスは怖い。大回りでも大規模林道経由がおすすめ。
  • 大規模林道経由がおすすめ。除雪もされていて走りやすい。
  • 駐車場無料がよい。

恐羅漢スノーリゾートのゲレンデ概要

総面積:60ha
コース数:15
最大標高/最低標高:1280m/860m
標高差:420m
最長滑走距離:2500m
最大斜度:38度
リフト・ゴンドラ数:8本
レベル割合:初級30%、中級40%、上級30%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

恐羅漢スノーパークの口コミ・評判・感想

中国地方随一の自然雪スキー場」。恐羅漢スノーパークを一言で表現するとこうなるでしょうか。標高1346mの恐羅漢山頂近くのゲレンデだけに、豊富な積雪量を誇ります。「雪が多いだけにパウダースノーに出会える可能性も高い」というのが代表的な感想で、自然雪こそが恐羅漢スノーパークの最大の魅力となっています。

国設スキー場の伝統をつなぐスキー場だけあって、コースは多彩です。山頂付近に斜度感のある中・急斜面を擁する一方で、山麓には幅の広い緩斜面が横たわります。「頂上付近の上級コースは滑り応えがある」という感想もあれば、「山麓は初心者向けで、ファミリーでも楽しめる」という口コミも。ブナ坂ゲレンデの上部は、各種競技が開催される、SAJ公認の競技コースになっています。

「初級から上級まで楽しめる」というのは、多くのスキー場で使われる決まり文句ですが、恐羅漢スノーパークはそれが本当にあてはまる、数少ない西日本のスキー場であるといえます。ファミリー向けにはキッズ広場があり、エアドームやウレタンアニマルなどが設置されています。

かつては二つのスキー場に分かれていましたが、2012年シーズンより経営が完全に統合されました。リフト券も共通化され、「全コース滑るには1日がかり。滑り応えのあるスキー場」という感想も寄せられています。

「1日券(9時間券)は高いけれど、5時間券は手頃」「駐車場が無料なのがよい」といった声もあります。中国地方のスキー場はおしなべてリフト代や駐車場代が高いのですが、恐羅漢は手頃な価格で滑れる、という評判もあるようです。

ゲレ食は「レストハウス」「恐羅漢ロッジ」「ヒュッテオソラカン」「ブナ坂レストラン」の4カ所。メインとなるのは恐羅漢ロッジで、名物はブランド豚・穀美豚を使用したカツ料理とのこと。「レストハウスのほうが景色が良くて好き」という声も。「ブナ坂レストラン」には広島お好み焼きがあります。

アクセスは中国道戸河内インターから33km、45分。これは国道191号線から大規模林道を経由したルートです。県道251号線の内黒峠を抜ければインターから17km程度です。内黒峠を越えれば30~40分程度ですが、積雪期の内黒峠は難路なので、運転に自信のある方以外は、大規模林道経由がいいでしょう。

恐羅漢スノーパークのまとめ

恐羅漢スノーパークは、中国地方では数少ない天然雪主体のスキー場で、コースも多彩。多くのスキーヤー、スノーボーダーが楽しめる、バランス型スキー場といえます。

ゴンドラやクワッドリフトがなく、機動力にはやや難がありますが、リフト券価格はそれほど高くなく、コストパフォーマンスには優れています。戸河内インターからのアクセスがやや悪いですが、大規模林道を使えば難路はありません。

広島エリアでは昔から愛されているスキー場で、地元民御用達の伝統的なゲレンデといえるでしょう。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP