スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> ランキング >> 名コース

憧れのクルージング名コースはココ!

スキー場のクルージングの名物コースを全国から集めてみました。爽快な名コースをランキングしています。基本的には中級レベルで滑れるところばかりです。

こういう「クルージングの気持ちいいコース」というのは、滑ってみるとその素晴らしさを実感できます。数字で表れにくいだけに、口コミや評判で、その素晴らしさが伝わりやすいといえます。

ここでは、口コミで評判の良かった15コースをピックアップしてランキングしました。

全国スキー場「名コース」人気ランキング

1位 白馬八方尾根「リーゼンスラローム」
全長3045m。標高800mを一気に下る爽快なコース。幅が広く適度な斜面で中級レベルでもこなせる。最大30度、平均20度。
2位 富良野「スピース」「ザイラー」
全長6700m。7000m近い距離を適度な斜度で滑り続けることができる、質の高いロングコース。「スピース」全長3300m、最大32度、平均15度。「ザイラー」全長3400m、最大32度、平均14度。
3位 六日町八海山「ダウンヒル」
全長3000m。標高差800mを縦一直線に下りきる、日本屈指のダウンヒルコース。よく圧雪され気持ちよく滑れる中・急斜面が連続。最大35度、平均18度。
4位 妙高杉ノ原「ジャイアント」「白樺」「スターライト」
全長3800m。スピードに乗ってロングランするのに適度な斜度が続き、整備もよく滑りやすい。「ジャイアント」最大21度、平均14度。「白樺」最大20度、平均12度。「スターライト」最大18度、平均12度。
5位 野沢温泉「スカイライン」
全長3500m。標高差885mを下る眺望抜群のロングランコース。中級表示だが、幅が狭かったり急斜面も多く手ごわい。最大32度、平均25度。
6位 安比高原「ザイラーロング」
全長4000m。山頂から山麓まで一気に滑り降りる。急・中・緩と斜度がバランスよく変化。コースの流れが良い。最大26度、平均14度。
7位 雫石「ダウンヒル」
全長5000m、標高差850mに及ぶ本格的ダウンヒルコース。快適な斜面変化で滑りごたえあり。最大32度、平均12度。


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

8位 奥志賀高原「ダウンヒル」
全長3000m。快適な中急斜面が連続。きっちり圧雪された滑りやすいロングコース。最大28度、平均19度。
9位 Hakuba47「ルート1」
全長2500m。中斜面が緩みなく続くロングコース。白馬エリアでも名コースの一つに数えられる。最大28度、平均22度。
10位 志賀高原焼額山「ジャイアントスラローム」
全長2400m。爽快なロングコースで、急中緩を織り交ぜた理想的なコース展開で飽きない。最大25度、平均11度。
11位 車山高原「パノラマ」
全長2000m。尾根上に設定されているので、フルオープンな景観を360度楽しめる。最大28度、平均15度。
12位 栂池高原「ハンの木」
全長3030m。コース幅も広く斜面が適度で滑りやすいクルージングコース。最大30度、平均12度。
13位 ルスツ「スティムボードA」
全長2200m。幅広のロングコース。他にも「スティムボードB」「イーストムジュ」など、同水準のロングコースが揃うのがルスツの底力。最大26度、平均12度。
14位 斑尾高原「チャンピオン」
全長1600m。緩急豊富な斜面。距離はやや短いが、コース幅も広くカービングターンには格好のコース。最大31度、平均16度 。
15位 鹿島槍「一本ブナダウンヒル」
全長2000m。中斜面が続くロングコース。起伏や変化に富んでいて飽きない。最大26度、平均15度。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP