スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 上信越 >> 戸狩温泉

戸狩温泉スキー場の口コミ・評判・感想

■戸狩温泉(長野県飯山市)

戸狩温泉スキー場は、長野県北東部の飯山市にある大型スキー場です。野沢温泉とは千曲川を挟んで向かい側にあります。

スキー場は、「ペガサス」と「オリオン」の二つのベースゲレンデと、「カシオペア」という上部ゲレンデの3カ所に分かれています。戸狩温泉の集落に隣接した「人里感」のある伝統的なスキー場です。

開設は1960年。地元企業の戸狩観光開発株式会社が永らく運営してきましたが、経営悪化で2007年に解散。スキー場は地域が出資する戸狩観光株式会社に引き継がれましたが、それも2013年に民事再生法を申請。支援企業となった滋賀建機などにより戸狩温泉スキー場株式会社が設立され、再出発をしています。

アクセスは上信越道豊田飯山インターから17km、約30分。インターからのアクセスはほぼフラットで、運転は容易です。鉄道利用の場合は、北陸新幹線飯山駅からバスで30分です。JR飯山線の戸狩野沢温泉駅からはバスで約5分で近いですが、飯山線はローカル線ですので利用しづらいです。

戸狩温泉スキー場の口コミ・評判・感想まとめ

  • スケールと奥行き、広がりのあるゲレンデ。斜面が多彩で飽きない。
  • 標高が低いから、周辺スキー場と比べて積雪が少ないことがある。雪質は良い方。
  • 山麓の雪は重いことがあるが、山頂付近は雪質が良くサラサラしている。
  • 圧雪していないコースが多い。
  • ツルブリッゲンコースはポール練習に良い。
  • 要所に高速リフトがあり、効率よく滑れる。
  • ペガサス側はクワッド1本のみなので混雑する。オリオン側はペアとクワッドの2本なのであまり混雑しない。
  • 朝イチでカシオペアに上がれば空いていて快適。
  • 3つのゲレンデに分散しているから、あまり混雑を感じない。
  • 各エリアの連絡通路は斜度がないのでボーダーにはつらい。
  • ペガサスは広くて、初級者の練習にもってこい。
  • カシオペアゲレンデにも緩斜面があり、初心者も上部で滑れる。
  • ゲレンデもリフトもレストランも空いている。ストレスなくすごせる。
  • ペガサス、オリオンの麓にはそれぞれ温泉があある。
  • 良くも悪くも「昭和のスキー場」。
  • 千曲川を挟んで野沢温泉の向かい側。
  • スキー場までのアクセスが容易。雪道が怖い人でも運転がラク。高速出口からも近い。
  • 駐車場が無料。
  • 自販機が値段が安い。
  • 晴れると眼下に千曲川、目の前には野沢の山と景色がいい。
  • レストランが安くて旨い。
  • 「星降るフルレストラン」のカツカレーが美味しい。
  • ペガサスゲレンデの「そり食堂」の定食はボリューム満点。
  • 「暁の湯」の「暁食堂」はボリューム満点で美味しい。
  • 民宿の目の前がゲレンデ。

戸狩温泉スキー場のゲレンデ概要

総面積:135ha
コース数:18
最大標高/最低標高:840m/400m
標高差:440m
最長滑走距離:2400m
最大斜度:34度
リフト・ゴンドラ数:7本
レベル割合:初級40%、中級40%、上級20%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

戸狩温泉スキー場の口コミ・評判・感想

地域密着の人里スキー場」。戸狩温泉スキー場を一言で表現するとこうなるでしょうか。100haを超える大型スキー場ですが、実質的には二つの地域ゲレンデが合体した形になっていて、ベースゲレンデは民宿街に直結。温泉も湧いていていて、「居心地のいい庶民的な雰囲気」とは戸狩ファンの言葉です。

位置的に野沢温泉スキー場に近いためか、「野沢のカゲに隠れて空いている」とい残念がる口コミもあります。リフトの混雑はあまり激しくなく、「連休などは穴場的存在」という感想もありました。

ベースの標高は400m、最高地点でも840mと、それほど標高は高くありません。ただ、そのわりには「雪質がいい」というコメントは比較的多いです。「ベースはぐちゃぐちゃでも、山頂付近はさらさら」という感想も多く、カシオペアゲレンデの雪質はまずまずのようです。

コースバリエーションは豊富。3つのゲレンデを一通り滑るには丸1日かかります。ゲレンデ間の連絡コースの接続も悪くありません。ゲレンデ間の無料シャトルバスもありますので、全体的な一体感は保たれています。

ただし、縦へのロングランコースがなく、長距離滑走には不向き。そのかわり、というわけではありませんが、「非圧雪のコースが多い」との評価があり、上級者には人気です。ポール練習のできるコースもあり、全体的には中上級者がより楽しめるスキー場かもしれません。ただ、本格的なパークはありません。

初心者向けには、ペガサスゲレンデに専用の練習ゲレンデがあります。初級者向けの「五本松ゲレンデ」も、地形上、中上級者があまり滑り込んで来ないので安全」という口コミもありました。スキーのレッスンには良さそうです。

オリオンゲレンデのベースにはキッズゲレンデが設置されていて、ソリ遊びができます。キッズルームはペガサスゲレンデ星降るレストラン2Fにあります。

ゲレ食は豊富。伝統的な地域スキー場だけあって、地元の店が多く、値段は安めで、味も良いと評価が高いです。名物は星フル降るレストランのカツカレー。また、ペガサスゲレンデの「そり食堂」はボリューム満点と評判です。

仮眠所は設置されていません。山麓には温泉施設があり、ペガサス側が「暁の湯」、オリオン側は「望の湯」です。

アクセスは上信越道豊田飯山インターから17km、約30分。ほぼフラットな一般道路で、急坂や難所はありません。晴天時ならチェーンはなくても大丈夫でしょう(でも念のため持っていくべきだとは思いますが)。

鉄道利用の場合は、北陸新幹線飯山駅からバスで30分。以前に比べて格段に便利になりました。また、JR飯山線戸狩野沢温泉駅からはバス5分と至近ですが、飯山線はローカル線ですので、列車本数は少ないです。長野駅からの直行バスはありません。

戸狩温泉スキー場のまとめ

戸狩温泉スキー場は、地元資本で地域の民宿などと連携して発展してきたスキー場で、伝統的な地域密着型です。民事再生により資本は地元ではなくなりましたが、その伝統は今後も大きくは変わらないでしょう。

規模はそこそこですが、標高差がとりたてて大きいわけではなく、ロングラン滑走ができるわけでもなく、名物となるような斜面もありません。そして野沢温泉スキー場という日本を代表するスノーリゾートに近いということもあり、どうも目立たない存在です。

しいて特徴を挙げるとすれば「非圧雪」のコースが多い、ということでしょうか。そのため、雪が降ったあとの非圧雪コースでは「ぱふぱふ」が目一杯楽しめます。ただ、晴天時には荒れやすいという一面もあります。

3つのゲレンデは接続されていますが、連絡路はフラットな部分もあり、初級者には向きません。非圧雪が多いこととあわせて、中級者以上がより楽しめるゲレンデといえそうです。

ただ、スキー場の経営が変わりましたので、これからコースの整備方針などが少しずつ変わっていくかもしれません。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP