スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 中央道 >> ふじてん

ふじてんスノーリゾートスキー場の口コミ・評判・感想

■ふじてんスノーリゾート(山梨県鳴沢村)

富士山麓、河口湖を見下ろす位置にあるスノボ/スキー場。河口湖インターから近く、都心から1時間半もあればアクセスできるという抜群の立地が人気です。コンパクトな人工雪主体のゲレンデですが、ファミリー向け施設が充実しています。

開設は1986年。運営は地元のリゾート会社・富士観光開発株式会社です。かつては「富士天神山スキー場」という名称でしたが、2000年に「ふじてんスノーリゾート」改称してリニューアル。最近はサマーゲレンデとして夏季も営業しています。

アクセスは中央道河口湖インターから13km20分です。

ふじてんスノーリゾートスキー場の口コミ・評判・感想まとめ

  • 都心から近く、アクセスが良い。
  • かなりこじんまりしたスキー場。
  • 富士山麓のスキー場の中では、質、規模ともに一歩抜きん出ている。
  • 緩斜面中心なので、子供のボーゲンの練習に最適。
  • 子供用の「ちびっこ愛ランド」は施設が充実。小さい子供連れの雪遊びに最適。
  • そりのレンタル(有料)もあり。
  • ボード専用ゲレンデがある。
  • やさしめの手ごろなボードパークがある。
  • 週末の日中は非常に混む。常によけながら滑らなければならない。
  • 平日は小中学校のスキー教室が開催されていることが多い。
  • 週末はリフト券の購入に相当な時間を要する。
  • 富士山の麓なので、意外と寒い。寒さ対策は万全に。
  • 雪質は期待できない。
  • ゲレンデはキメの荒い人工雪。滑りを楽しむのには?
  • 滑らない人も含め、人が多い。
  • 施設がきれいで気持ちが良い。トイレはウォッシュレット付き、手洗いはお湯が出る。
  • レストランのキャパは大きいが、週末はそれでも大混雑。
  • レストラン価格はゲレ食としてはリーズナブル。会員になるとお得。
  • 会員になると特典が多く、リーズナブル。

ふじてんスノーリゾートスキー場のゲレンデ概要

総面積:65ha
コース数:7
最大標高/最低標高:1480m/1280m
標高差:200m
最長滑走距離:1330m
最大斜度:32度
リフト・ゴンドラ数:4本
レベル割合:初級40%、中級45%、上級15%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

ふじてんスノーリゾートスキー場の口コミ・評判・感想

都内から近いお気軽スノーリゾート」。ふじてんスノーリゾートを一言で表現すれば、こうなるでしょうか。中央道高井戸インターから90分のアクセスは、日帰りスキー場としては満点でしょう。規模は大きいとはいえませんが、リフト4本、7コースは、富士山麓エリアでは最大です。

訪れた人の感想でも、「とにかく近くていい」というその距離を賞賛するコメントが圧倒的です。「都内からの日帰りでもラク」という声のほか、とくに東京西部や神奈川エリアなど、北関東方面へのアクセスが悪い地域のスキーヤー/スノーボーダーから人気が高いようです。

ふじてんスノーリゾートの標高は意外と高く、ベースで1280m。そのため、天然雪も降ります。ただ、晴天率が8割を超えるスキー場のため、基本は人工雪のようです。雪質に関しては賛否があり、「べしゃべしゃしてなくて、思ったよりも雪質は良い」という感想もあれば、「キメが粗くて滑りにくい」というレビューも見受けられます。いずれにしろ、人工降雪機がよく使われているゲレンデですので、過度な期待はしないほうがいいでしょう。

コースに関しては、初中級者向けが主体。「小学生がボーゲンの練習をするにはいいゲレンデ」という感想が代表的でしょうか。スノボ向けのパークは比較的充実していて、パークがあるロマンスコースのみスノボ専用コースとなっています。「スノボ専用コースがあるゲレンデは珍しい」と評判です。こうしたことも理由なのか、スノーボーダー比率は比較的高くなっています。

近年はキッズパークが非常に充実していて「広くて子供を遊ばせるのに最適」と好評です。「遊具やソリもあって楽しめる。スキーをしに行くのではなく、子供の雪遊びに利用している」というファミリーも少なくないようです。外国人の富士山ツアーに組み込まれているからか、最近は外国人が増えていて、「外国人が普段着でソリで滑っている姿を見かける」というレビューもありました。こうした雪遊びメインの客も多いようで、「滑らない人が多い奇妙なスキー場」という感想もあります。

立地がいいため、気になるのは混雑です。平日はいいのですが、週末は「リフト券を買うまでに大行列」「コースは常に人をよけながら滑らなければならない」「リフト待ちの列が混乱している」というコメントも。ただ、「ファミリーやツアーが帰った後のナイターは滑りやすい」ということで、本格的に滑りたい人はナイターが狙い目です。平日もいいですが、外国人ツアーが多いことと、「近所の小中学校のスキー教室が開かれていることが多い」ということで、局地的に混雑することもあるようです。

施設はおおむね「きれい」という評判です。「全体的に清潔で気持ちが良い。トイレはウォッシュレット付き、手洗い場はお湯が出る」とのこと。ただ、ここも混雑時期は人だらけになります。

レストランはレストハウス1階に「ケルン」、2階に「ヨーデル」、中腹に「もみの木」があります。「ヨーデル」は600席とキャパシティは十分。しかし、「レストランは大きいですが、週末は大混雑なので、食事ができない」という口コミも。「カフェテリア方式なので、座席数の割には食事を買うまでに混雑する」という冷静な分析もありました。また、「味はいわゆるゲレンデ食堂」ということで、ゲレ食には大きな期待を抱かないほうがよさそうです。

ふじてんスノーリゾートを利用する場合、「メンバーズカード会員になるとお得」という口コミも多く見られます。メンバーズカードがあると、駐車場、リフト券、食堂などで割引の特典があります。会費はかかりますが、「1回利用すれば元が取れる」ということで、一度しか行かない人も、メンバーズカード会員になっておくといいでしょう。

アクセスは中央道河口湖インターから13km20分。基本的に晴天率の高いエリアですので、「路面が乾いていればノーマルタイヤで行くことも可能」という口コミもあります。ただし、標高が高いので路面凍結は起こりやすく、ハイシーズンには雪道対策が必要です。チェーンは必携です。

ふじてんスノーリゾートスキー場のまとめ

とにかく富士山がきれい。これが、ふじてんスノーリゾートを訪れた人が抱く感想ではないでしょうか。晴天率80%以上を記録するため、とくに天候を気にしなくても、訪れた富士山を拝める可能性が高いです。この美しさが、実はふじてんスノーリゾートの魅力の一つです。

コース内容に関しては、「東京から近いわりに充実している」「東京から近いわりにパークが充実している」「東京から近いのでファミリー向け施設が多い」など、常に「東京から近い」というエリア特性が冠に付きます。エリア特性を活かしたスノボ/スキー場であることは間違いないでしょう。

週末の混雑は多くの人が体験していますので、週末に行く人は、時間帯をずらすなどの対策をしたほうがよさそうです。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP