スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 東海北陸・西日本 >> 五ヶ瀬ハイランド

五ヶ瀬ハイランドスキー場の口コミ・評判・感想

■五ヶ瀬ハイランド(宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町)

宮崎県にある、日本最南端のスノボ/スキー場です。南国宮崎のスキー場ですが、標高1500~1600mを超える山岳地帯の北斜面に位置するため、スキーをするのに十分な積雪があります。実際には、人工雪と天然雪を組み合わせてゲレンデを管理しています。

「日本最南端のスキー場を作ろう」という構想が地元で持ち上がったのは1977年。1985年に地元五ヶ瀬町の事業となり、1990年にオープンしました。バブルのピーク時に誕生したスキー場です。

当初は町営でしたが、1998年に経営破綻。現在は、宮崎県などが出資する第三セクター、株式会社五ヶ瀬ハイランドが運営しています。

アクセスは九州道御船インターから70km、1時間45分です。

五ヶ瀬ハイランドスキー場の口コミ・評判・感想まとめ

  • 九州にしては天然雪に恵まれている。
  • 期待しないで行ったが、予想以上のスキー場。
  • 雪質はそれなり。
  • 意外と雪質が良い。
  • 朝の雪質はいいが、午後からはアイスバーン。
  • 標高が高く、とても景色が良い。
  • 晴れた日には雲海が見られる。
  • コースが少ない。短いので飽きる。
  • リフト券は安い。
  • リフトは少ないし、混んでいる。
  • 混雑時にはリフトもゲレンデも阿鼻叫喚。
  • レストランがひとつしかない。
  • 下の駐車場から、上のスキー場までシャトルバスがある。ノーマルタイヤで行っても大丈夫。
  • 道路凍結があるので、山道はチェーンが必要。
  • 宮崎のスキー場ということで、ネタとしても行く価値あり。

五ヶ瀬ハイランドスキー場のゲレンデ概要

総面積:7ha
コース数:2
最大標高/最低標高:1610m/1420m
標高差:190m
最長滑走距離:1000m
最大斜度:30度
リフト・ゴンドラ数:3本
レベル割合:初級30%、中級40%、上級30%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

五ヶ瀬ハイランドスキー場の口コミ・評判・感想

日本最南端の本格的スキー場」。五ヶ瀬ハイランドスキー場を一言で表現するとこうなるでしょうか。宮崎県と熊本県の県境付近に位置し、「日本最南端だからネタとして行ってみたら、意外とちゃんとしていてびっくりした」というのが、代表的な感想でしょうか。

最近は刺激的なテレビCMで話題となり、九州在住の方には馴染み深いスノボ/スキー場として定着しているようです。

実際のところ、規模は小さいです。総面積はわずか7ヘクタール。入場用リフトを除くと、リフトは2本のみ。コースは初・中級者向けの「パラダイスコース」と、上級者向けの「ダイナミックコース」の2つがあるだけです。「ダイナミックコースは雪付きが悪いのか、閉鎖されていることが多い」という口コミもあり、そうなると1コースだけをひたすら滑る、ということになります。

そのため、ゲレンデは混雑します。「週末は人も多く、リフト待ちもある」という口コミも。ただ、「コースも単純だし、混雑もするけれど、宮崎でスキーができるのだから贅沢は言えない」というような感想を漏らす人が多いです。近くにスキー場がほかにありませんから、五ヶ瀬ハイランドスキー場にスキーヤー/スノーボーダーが集まるのは当然のことかもしれません。

「日本最南端の天然雪スキー場」というキャッチフレーズですが、実際は人工造雪機も導入しています。北斜面なので溶けにくく、「九州にしては雪質はまずまず」とのこと。ただ、「ゲレンデコンディションがいいのは朝の2時間だけ。昼前になったら雪質は悪くなり、人も増えてコースは荒れる」という口コミは数多くあります。アイスバーンになりやすいため、とくに午後は要注意です。

ゲレンデスペックには「上級コースが30%」となっていますが、本州レベルの感覚では、五ヶ瀬ハイランドに難易度の高いコースはありません。中級レベルがせいぜいでしょう。雪に馴染みの少ない土地柄もあって、利用者も初中級者が中心です。ファミリーゲレンデもありますが、こちらは人気があるわりに狭いので、とても混雑します。

ゲレ食はスキーセンターのレストラン一カ所のみ。「チキン南蛮定食」や「鶏の炭火焼」という、宮崎ならではのご当地グルメものが特徴です。「味は普通で、価格も手ごろ。リーズナブルなレストラン」というのが代表的な口コミでしょうか。

「味はともかく、混雑しすぎ。完全にキャパオーバー」という感想もありました。とにかく、週末ピーク時にはどこも混雑する、というのが五ヶ瀬ハイランドスキー場の特徴です。「こればかりは、仕方ない」というあきらめの声も多いですが。

アクセスは、熊本市内にある九州道御船インターまたは松橋インターから70km、1時間45分です。福岡市からは、クルマでだいたい2時間半程度です。宮崎市からも2時間半程度はかかりますので、宮崎県だからといって、宮崎市から便利というわけではありません。

国道265号線からスキー場までの7kmのアクセス道は狭く、急な山道です。「雪がなければノーマルタイヤでもアクセス可能」という口コミもありましたが、「降雪に備えてチェーンは必須」というのは共通意見。駐車場はパーキングセンターに300台、国道近くの本屋敷に300台です。「チェーンがないなら本屋敷に停めてシャトルバスを利用する方が安全」という感想もあります。

五ヶ瀬ハイランドスキー場のまとめ

五ヶ瀬ハイランドスキー場は、日本最南端のスキー場としてその名が知られ、最近は個性的なテレビCMでも話題になっています。知名度だけなら、西日本でも屈指のスキー場になってきたのではないでしょうか。

スノボ/スキー場としての規模は小さいですが、南九州で自然降雪のあるスキー場は貴重。そのため、九州エリアのスキーヤー、スノボーダーに愛されています。「南国宮崎にもスキー場があること自体が素晴らしい」というお褒めの言葉もありました。

高速インターから70kmも離れているため、アクセスはラクではありません。福岡市内からも日帰りは可能ですが、午後になるとゲレンデはかなり荒れるので、できれば朝一番で滑れるようなスケジュールにしたほういいでしょう。そのほうが、五ヶ瀬ハイランドのすばらしさを、より感じることができそうです。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP