スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 関越 >> 湯沢中里

湯沢中里スキー場の口コミ・評判・感想

■湯沢中里(新潟県魚沼郡湯沢町)

鉄道駅と直結しているスキー場としては「元祖」と呼べる存在。JR上越線の越後中里駅前に位置し、「電車を降りたらすぐゲレンデ」を体現しています。ガーラ湯沢のように、駅からゴンドラに乗らなくてもゲレンデがあるので、正真正銘の「駅前ゲレンデ」といえます。

越後中里駅に新幹線はありませんし、上野からの直通列車も走っていないのは残念なところ。ただ、シーズン中の週末には、大宮から「シーハイル上越」という快速列車が1往復しているので便利です。

1959年開業の歴史あるゲレンデで、かつてはプリンスホテルが運営していましたが、2006年に売却。変遷を経て、現在はスマイルホテルを運営するグループの傘下になっています。

湯沢中里スキー場の口コミ・評判・感想まとめ

  • 元祖駅前スキー場。
  • 一通りのゲレンデがあって、一日遊ぶには良い。
  • 標高が低いので、ゲレンデコンディションが良い時期は限られる。
  • 緩・中斜面が多く、初心者やファミリー向け。
  • キッズゲレンデが多い。
  • 上級者にはつまらない。
  • レンタルがしっかりしている。
  • 駅とスキーセンターが一体で便利。
  • 温泉があるのが嬉しい。
  • 電車ばかり注目されるけれど、高速道路からのアクセスも良好。
  • 青春18きっぷで来るのにいいゲレンデ。

湯沢中里スキー場のゲレンデ概要

総面積:65ha
コース数:13
最大標高/最低標高:702m/458m
標高差:244m
最長滑走距離:2000m
最大斜度:32度
リフト・ゴンドラ数:7本
レベル割合:初級40%、中級30%、上級30%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

湯沢中里スキー場の口コミ・評判・感想

ガーラ湯沢ができる前までは、「駅直結ゲレンデ」といえば湯沢中里のことでした。もちろん、いまも駅直結は変わっていません。直結している上越線のJR越後中里駅には新幹線がありませんが、シーズン中の週末には「スキーリレー号」という列車が9分で越後湯沢駅とを結んでいますので、「時刻を合わせていけば越後湯沢駅からのアクセス性はガーラ湯沢とほとんど変わらない」という声もあります。たしかに、ガーラ湯沢だってゴンドラに数分乗りますので、「乗換え」が必要な点は同じですね。

そのほか、シーズン中には「シーハイル上越」という快速列車が大宮から1日1往復運転されています。大宮から湯沢中里までは約2時間半。普通運賃だけで乗れるので、節約派の鉄道スキー組はこの列車を利用すると良いでしょう。毎年利用している人によりますと、「青春18きっぷも使えるので、時期があえば往復2300円でスキー場まで行ける。神のような列車」だそうです。

ゲレンデは横長で、標高差は244mと高さはあまりありません。そのため緩斜面が多く、ファミリーに適したゲレンデといえます。「ブルートレインを使った広い休憩所があって無料。温泉も無料。家族連れでもお金がかからない」というヨロコビの声も。たしかに大浴場が無料のスキーセンターは、なかなかありません。ちなみに、温泉無料はリフト券の提示が必要です。

更衣室、ロッカーも清潔。レンタルも一通り揃っていて、日帰り客のニーズに応えている」という声があるとおり、日帰り客を意識した造りになっています。「リフト券もレンタル料金の値段も手頃。良心的なスキー場」との意見が代表的でしょうか。

ただ、「標高差が少なく、コースバリエは今ひとつ」という声も。「中級者以上は半日滑れば飽きるのではないか」という意見もありました。施設は優れているスキー場といえますが、コースには満足、とはいかないようです。「良くも悪くもファミリー向け。初心者の練習にはいいし、ガーラほどは混まないので、初めてのスキー場としては適しているのではないか。上手になったら別のところに行けばいい」という声もあります。

ファミリーが多いせいか「客の人数の割にリフトは空いていて、上部へのリフトは待ち時間はほとんどない」という声も。中級者でも「リフトを待たずに滑りたい」という人には向いているかもしれません。

ファミリー向けにはキッズパークもあり、50mのスノーエスカレーターを備えています。そり遊びやスキー・ボードデビューの練習には向いています。ボードパークは、レール・ボックス・キッカーなどを備えていますが、規模は小さく、どちらかといえば初心者向けといえるでしょう。

ゲレ食は窯焼きピザの「パオリーノ」が好評。大規模レストランの「シェルプール」も、「ステーキなどはオーダー後に焼いてくれて出来たてが食べられる」と質は高いです。ファミリーで持参の弁当を食べる場合は休憩所「ブルートレイン」が利用できます。「規模の割に食事の選択肢が広い」という声もありました。

湯沢中里スキー場のまとめ

鉄道駅直結のスキー場として、「鉄道スキー派」にはよく知られたスキー場。ゲレンデの標高差不足が弱点でしたが、最近はそれを逆手にとってファミリー向け路線を強化しています。

有料施設の価格も抑えめで、リフト、レンタルスキー、レッスン料金、レストラン、ロッカー、といった価格は湯沢エリアの中でも安い方でしょう。駐車場も無料です。こうした一つ一つの価格は、人数が増えるほど重くのしかかるもの。価格を全体的に低めに設定していることが、ファミリーの支持を得ているのかもしれません。

総合すると、鉄道でもアクセスでき、施設の料金も安い、コスパに優れた庶民派のファミリースキー場といえます。コースは豊富とはいえませんが、ファミリーや初心者が練習に来るには良いスキー場といえます。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP