スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 関越 >> 谷川岳天神平

谷川岳天神平スキー場の口コミ・評判・感想

谷川岳天神平スキー場

■谷川岳天神平(群馬県水上町)

名峰・谷川岳の山麓にあるスノボ/スキー場。上越国境の群馬県側にあり、最大標高1500mと、この近辺では高いです。そのため、シーズンが長く、パウダースノーが楽しみやすいことでも知られています。

開設は1960年。運営は東武鉄道系列の谷川岳ロープウェイ株式会社です。

谷川岳天神平スキー場の口コミ・評判・感想まとめ

  • 群馬県の最奥部にあるスキー場。
  • ゴンドラで登った上にゲレンデがある。
  • 標高が高いため、雪質が良い。極上のパウダーを堪能できる。
  • 谷川岳を超えて降った雪だから、軽い。
  • コンパクトにまとまったスキー場。コース数は少ない。
  • ゲレンデはバーンが広いため、混雑のストレスがない。
  • リフトは遅く短く、コースも距離は短い。
  • リフト乗り場が上り坂。初心者には辛い。
  • パウダー系の板を持っている人が多い。
  • 谷川連邦の絶景を眺めながら滑れる。
  • それほど混雑していない。
  • レストハウスは空いている。食事の価格も味も良心的。
  • パークは貧弱。
  • 周辺に温泉がたくさんある。帰りは温泉に寄り放題。
  • 下山コースで駐車場までロングクルーズできる。
  • 立体駐車場なので降雪時も準備が楽。しかも平日無料。
  • 施設は老朽化が進んでいて、昭和の香りが漂う。
  • 12月上旬からGWまで、シーズンが長い。
  • 独特の空気が流れているスキー場。
  • 一人で行っても気兼ねない。

谷川岳天神平スキー場のゲレンデ概要

総面積:50ha
コース数:10
最大標高/最低標高:1500m/750m
標高差:750m
最長滑走距離:4000m
最大斜度:364度
リフト・ゴンドラ数:6本
レベル割合:初級30%、中級40%、上級30%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

谷川岳天神平スキー場の口コミ・評判・感想

深雪が楽しめる玄人向けゲレンデ」。谷川岳天神平スキー場を一言で表現するとこうなるでしょうか。

群馬県最奥部に位置し、新幹線駅からも高速インターからも少し離れています。ゲレンデ規模もそれほど大きくはなく、ファミリーやカップルを楽しませる仕掛けが豊富なわけではありません。いうなれば、地味なスノボ/スキー場です。

それでも谷川岳天神平スキー場には根強い人気があります。それは、谷川岳山麓の高い標高と、パウダースノーによるものでしょう。「客層が他のスキー場と全く違う。ファットスキーやパウダーボード率がとても高い」という口コミに代表されるように、ここは深雪を楽しみに来る人が多いスノボ/スキー場なのです。

シーズンの長さも特徴で、例年12月上旬からゴールデンウィークまで営業しています。他のスキー場のオープン前やクローズ後も雪が豊富なので、「初滑り」「春スキー」に、天神平を愛用している人も少なくありません。

ゲレンデには山麓からゴンドラで登ります。ゴンドラで降りた天神平駅がスキー場のベースとなっていて、天神峠ゲレンデと、高倉山ゲレンデが左右に広がっています。

コース内のリフトは事実上3つで、初級者向けは一つだけ。初級コースは広いとはいえず、リフト乗り場には緩い上り坂があり、初心者には向かないスキー場です。

ゲレンデは狭くはありませんが、どちらかというとこじんまり。しかし、中上級者向けのレイアウトは優れていて、「コンパクトだか滑走感を得られる。メンテナンスもしっかりしている」という感想もあります。「バーンが広くて滑りやすい」という口コミも多く寄せられています。

また急斜面の非圧雪ゾーンが豊富で、標高が高いだけに雪質への評価も高く、「オンシーズンには最高のパウダーが楽しめる」という声も多数寄せられています。

シーズンが長いため、「他のスキー場が開いている1月2月は空いていて、12月や4月5月が空いている」という特徴があります。そのため、「最も雪質のいい時期がガラガラで滑りやすい」という口コミも。1月2月には穴場的な存在感があるようです。山頂部から眺める景色も抜群で「パウダーと眺望を楽しむスキー場」という感想もありました。

スノーパークは今ひとつです。ワンメイクや、ウェーブ、バンク、ボックスなどがありますが、規模は小さいですし、雪が多いため、本格的に設置されるのは3月に入ってからです。「ここはパークで遊ぶよりは、パウダーを楽しむ場所」という口コミに象徴されます。

このように、特徴の際だったスノボ/スキー場だからか、「他のスキー場に比べて一人客が多い」のも特徴。純粋に滑りを楽しむ人が多いためか、「ヒトリストが溶け込みやすい」という評判もあるようです。

リフトなどの設備は「古い」「遅い」「昭和レトロ」という声が多いです。駐車場からベースに上がるゴンドラは新しいですが、基本的には最初と最後に使うだけの設備です。

ただし、田尻沢下山コースを使えば、ゴンドラで回すことができます。下山コースは最長4000mのロングクルーズが楽しめます。長いけれど狭いコースですので、中級未満の腕前の人は、素直にゴンドラで降りましょう。

ゲレ食は、ゴンドラ降り場のあるゲレンデベースの「レストランビューテラスてんじん」のみ。「晴れた日に見える山並みは最高」という口コミは多く、景色は素晴らしいレストランです。

ゲレ食のメニューは、「和風ハンバーグ定食」や「味噌ラーメン」といった、定番メニューが基本。「味は普通。値段は少し高めだが、ゲレ食としては良心的」という感想が一般的でしょうか。おすすめは「カツカレー」「ソースカツ丼」あたりです。「レストランの水は谷川岳の湧水で美味しい」という口コミもありました。

アクセスは関越道水上インターから14km、約25分。谷川岳天神平スキー場には立体駐車場が完備されていますので、降雪時でも駐車場内での準備はラクです。立体駐車場には更衣室もあります。仮眠所はありません。

JRでのアクセスは、上越新幹線上毛高原駅からバス50分。JR水上駅からバス20分です。JR土合駅からは徒歩20分ほどですが、高崎方面から土合駅で下車すると、改札口まで400段以上の階段を上がらなければならず、スキー・スノボの道具を持って行くには大変です。JR水上駅・上毛高原駅からのバスを利用したほうがいいでしょう。

谷川岳天神平スキー場のまとめ

パウダースノーに恵まれた中上級者向けスキー場。谷川岳天神平スキー場を一言で表現すると、こうなるでしょうか。何しろ深雪が魅力ですので、パウダー愛好者が多く、持っている板の幅も太めです。

初級者向けのコースもあるにはありますが、限られていますので、わざわざ初級者が来るスキー場ではありません。それなりの腕前のある人には、ダイナミックなコースが揃っていて滑りごたえはあります。ただ、コースのバリエーションは多くありませんので、1日いれば十分の、日帰り向けスキー場といえそうです。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP