スキー・スノボのおすすめゲレンデを知り、楽しく滑りまくるためのサイトです。

スキー・スノボ研究所

トップ >> 東北 >> たざわ湖

たざわ湖スキー場の口コミ・評判・感想

田沢湖スキー場

■秋田県田沢湖(秋田県仙北市)

たざわ湖スキー場は、秋田県仙北市の秋田駒ヶ岳中腹にあるスキー場です。秋田県立のスキー場で、正式名称は「秋田県田沢湖スキー場」。第三セクターの田沢湖高原リフト株式会社が運営しています。コースから眼下に田沢湖を望むことができます。

開設は1969年。国体や全日本スキー選手権が開かれたこともある名門ゲレンデです。1990年代から継続的に設備更新を実施しており、2005年にはスキーセンターを建て替えました。歴史あるスキー場ですが、設備は新しくなってきています。総面積100ha、コースス13は北東北では屈指の規模のスキー場といえます。

アクセスは東北道盛岡インターから49km、75分。秋田新幹線田沢湖駅からバスで30分です。

たざわ湖スキー場の口コミ・評判・感想まとめ

  • 田沢湖を眼下に望む景色が最高。
  • 意外に大きなスキー場。
  • 斜面構成が豊富。あらゆるレベルに対応。
  • コースのバリエーションが豊富で、各コース幅が広いので滑りやすい。
  • 斜面や幅がきつ過ぎず、適度なロングコースもアリ、気持ちよく滑れるスキー場。
  • コースレイアウトが効率的で、違うレベルの人と別々のコースを滑っても合流しやすい。
  • 上級コ−スのほとんどが、圧雪していない。
  • 競技や検定のため、コースが団体に占領されていることがある。日程をチェックしておこう。
  • ゴンドラはないがクワッドが2本あり、移動がラク。
  • リフト同士の接続がスムース。登ったり漕いだりする場所があまりない。
  • 1月、2月はパウダーを味わえる。新潟のスキー場では味わえない雪質。
  • 天然の温泉を引いたスポーツセンターあり。
  • 食事するレストランの効率が悪い。昼には長蛇の列。
  • スキー場は空いていたが、レストランは混んでいた。
  • 適度な混み具合で、寂しからず混みすぎず。
  • パック券がお得。
  • 駐車場が無料。スキーセンターまでも近い。
  • かもしかゲレンデ下部のレストハウスは空いている。
  • 近くにいい温泉がたくさんあり、温泉スキーが楽しめる。
  • 東京駅から新幹線で乗換なしで田沢湖駅まで行けるので、結構便利。

たざわ湖スキー場のゲレンデ概要

総面積:100ha
コース数:13
最大標高/最低標高:1186m/578m
標高差:608m
最長滑走距離:3000m
最大斜度:38度
リフト・ゴンドラ数:6本
レベル割合:初級30%、中級30%、上級40%


↑ 最新のゲレンデスペックやコース情報はこちらへ

たざわ湖スキー場の口コミ・評判・感想

田沢湖の景色が美しい老舗スキー場」。たざわ湖スキー場を一言で表現するとこうなるでしょうか。県立の公営スキー場で、国体をはじめとする大会の実績も多く、今も競技スキーが盛んなゲレンデです。

たざわ湖スキー場の口コミで多いのは、景色の美しさ。景色のいいゲレンデならば日本中にありますが、湖を眼下に望める場所は限られます。「田沢湖の神秘的な雰囲気がゲレンデにまで伝わってくる」というのが代表的な感想でしょうか。

「コース幅が広く滑りやすい」というのも、たざわ湖スキー場の感想で多いものです。古いスキー場なので、開発規制がかかる前に造成しており、ワイドな斜面が豊富。頂上付近に急斜面があるほかは、中緩斜面が多く、「下に降りてくるにつれ緩斜面になっていくという、とても自然なゲレンデ構成。初心者から上級者までレベルに応じて無理なく滑れるのがたざわ湖スキー場の長所」というコメントありました。

ゲレンデのレベル割合では、上級が40%。上級コース40%を標榜するスキー場は、かなり珍しいです。

ゲレンデ面積も広く、人は多くはないので、「練習には最適のゲレンデ」という声も。練習をしたい人向けには、水沢コースやかもしかコース、白樺コースなど、適度な斜面で広いコースが揃います。

少し問題があるとすれば、競技スキーの選手権などが多いこと。その場合はコースの一部または全部が閉鎖されます。「競技の横を一般客が滑ることもあり、危険を感じた」という口コミもありました。

雪質は東北の内陸部だけあって評価が高いです。「新潟のスキー場に行った後にたざわ湖に行ったら、こんなにも雪が違うのかと驚いた」という口コミもありました。

リフトの架け替えが進んだこともあり、リフト配置はスムーズです。「登ったり漕いだりする場所があまりない」という感想も。これは結構大事で、スキーでもスノボでもストレスが溜まりません。ゴンドラはありませんが、「ぎんれいクワッドの機動力があれば十分」とのことです。

価格に関しては、たざわ湖スキー場は日帰りのパック券などの設定も豊富で、使いやすいと評価は高いです。「ゴンドラがないからか、リフト券は安い。4時間券、5時間券と利用時間に応じた価格設定は良心的」という声もありました。

スキーセンターは2005年に建て替えられて、比較的新しい設備。託児所もあり2歳以上を預けられます。

ゲレ食のレストランは3カ所あり、スキーセンター「レラ」内の「しらかば」が一番大規模。そのほか、「かもしか」と「ぎんれい」があります。いずれも総合食堂で、メニューは麺類やカレー、どんぶりが中心。味に関しては「いわゆるゲレ食」ということで、あまり期待はしないほうがよさそうです。「レストランは効率が悪く、待たされる」という苦言もありました。

アクセスは東北道盛岡インターから49km、75分と、高速道路からはやや距離があります。鉄道の場合は、秋田新幹線田沢湖駅から路線バスで30分。路線バスの本数は多く、新幹線に接続しているため、わりと便利です。東京駅からだと、新幹線とバスで4時間くらいで着くことができます。

たざわ湖スキー場のまとめ

たざわ湖スキー場の一番の魅力は、老舗ゲレンデらしい広々とした開放感でしょうか。斜面が適度で、広く滑りやすく、練習には打ってうけ。晴れれば田沢湖を望む景色もきれいです。

公営スキー場なので、リゾート会社が運営するような華やかさはありません。しかし、地元資本が入り乱れたようなスキー場とは違い、統一した運営で設備更新もキチンとされており、近代的な使いやすいスキー場になっています。質実剛健、健全な公的施設といったところでしょうか。

秋田新幹線が田沢湖駅まで直通していることもあり、東京や仙台からのアクセスは意外と便利。人も少なく、快適なスキーが楽しめるでしょう。

※口コミ、評判は、当サイト関係者の訪問した印象や、実際に滑った人からの感想を集めたものです。公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

↑ PAGE TOP